シンガポールの雪の降らないクリスマス

クリスマス

シンガポールは雪の降らない赤道直下の国。常夏です。みんな半袖、エアコンはクーラーです。そんなシンガポールでもクリスマス気分はちゃんと味わえます。街角にはクリスマスツリーがあり、クリスマスソングも流れています。

 

街行く人は夏の服装ですが、心はクリスマス。そんなことを思う時点で、まだ頭の中は日本ということですね。シンガポールに冬はなく、ちょっと暑いとめちゃ暑いしかありません。だから果物も一年中美味しいんですよね。

 

この冬と夏のギャップが不思議で楽しいです。一生のうち1度は常夏のクリスマスを味わってもいいのかもしれません。天然のマンゴーやパイナップルを食べながらクリスマスも味わいましょう。高級ホテルではクリスマスバージョンのイベントがあるかもしれませんね。レッツゴー雪の降らないシンガポールのクリスマスへ!


オーチャードの雪のようなクリスマスライトアップ

シンガポールの中心地オーチャード。ここは商業施設やオフィスが建ち並んでいる地域です。デパートも日系の高島屋と伊勢丹があります。週末になると多くの人で賑わい、東京の渋谷や新宿と変わりありません。大きなモールもあり、わたしもよくモールで食事をしていました。

 

そんなオーチャードにはラトアップされたクリスマスイルミネーションがたくさんあります。シンガポール人もやはり雪に憧れているのか、雪のようなイルミネーションが街を彩っています。常夏なのにクリスマスといえばやはり雪なのかと思いながら見ると面白く感じました。

 

オーチャードのクリスマス2

 

中華風クリスマスライトアップもあり、さすが多国籍な人種がいるシンガポールです。中華風イルミネーションもかわいくてよかったですよ。この時期はMRT二駅分くらい歩いても疲れずにクリスマス気分を楽しめます。

クリスマスセールは世界共通

シンガポールもクリスマスセールがあります。店の看板も割引表示です。お買得ですよ。この風景は日本と同じです。ショッピングは日本と変わらないので安心してできます。もちろん日本にないブランドやお店もあるので、そこは日本と違う楽しみがありますよね。

 

オーチャードのクリスマスセール

 

日本企業のものは税金の関係で日本で購入するよりだいたい二割増なのでご注意ください。シンガポールにもたくさんある日本企業のチェーン店はユニクロ、無印、ダイソーなど。ダイソーで価格を比較するとわかりやすいと思います。均一だからすぐわかりますよ。写真もアップしておきますね。

 

クリスマス、ニューイヤー、旧正月(春節)とセールは続きます。春節は長期休暇に入るため、食品の大安売りも始まります。東京のアメ横のような風景がチャイナタウンで繰り広げられます。



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。