MRTに乗って鉄ヲタ風シンガポール1周一人旅

MRT地下鉄路線図を見ながらシンガポール1周日帰り旅行してきました。国土が広くないので途中下車しながらでも1日あれば十分に楽しめます。ベイエリアやオーチャードと違った景色が見れておすすめですよ。世界の車窓からの気分です。

 

MRT路線図

 

MRTの路線図をアップしておきます。これを見ているとワクワクしてきます。鉄ヲタ(鉄道おたく)ですね(笑)。でもワクワクするんです。このワクワクを抑えられずにMRTに乗ってシンガポール1周してきました。

おすすめは赤い路線のシンガポール1周日帰り旅行

MRTオーチャード

その日はオーチャードに用事があったのでそこからMRTの旅が始まりました。オーチャードは地図でいうと南(下)の方です。こうやって見ると、マリーナベイサンズのあるベイエリアや、オーチャード、国立博物館など主要な街や建築物は南に位置しています。

 

右側の東側の緑のラインにはチャンギ国際空港があります。左側にはこれから発展しようとしている副都心のジュロンイーストがあります。

 

今回の旅は赤いラインのNorth South Lineに乗りました。オーチャードでは地下にある駅のプラットフォームもしばらく乗ると地上になります。東京で言う地下鉄東西線が中野で地上に上がるような感じです。

 

車窓からの風景は同じようなマンション(公団のような建物)が無数にありました。その建物に三桁の数字があったので1000棟あるのか1000棟の予定なのかと思いました。

 

都心になかった手付かずの大自然もあります。シンガポールの国土がいくら狭いからと言ってすべてアスファルトの道路ではありません。まだまだ手付かずの自然が残っています。そしてここは赤道直下の地域。樹々の大きさも日本とは違います。

 

ベイエリアの高層ビル群では味わえなかった風景を見ることができました。赤いラインの一番北のマレーシア寄りからまた南下します。つぎは副都心ジュロンイーストに向かいます。

 

MRTジュロンイースト

 

西にあるのにジュロンイーストなんです。紛らわしいでしょ。今まさに発展している地域です。工事中のエリアがたくさんあり5年10年したら大きな街ができそうです。シンガポールの人口も増えているので、街もどんどん発展しています。高齢化と言いながら人口が増えているのは移民が多いからなのかもしれません。


緑のラインに乗り換えシンガポールも通勤ラッシュ

MRTグリーンライン

ジュロンイーストで緑のラインEast West Lineに乗り換えるとちょうど日が暮れようとする時間でした。

 

どんどん人が多くなってきて通勤ラッシュの時間になりました。日本の都会と同じ風景です。人の多さも、MRTの便利さも、車内の人がスマホを操作する風景も。

 

楽しかった日帰りMRTの旅も終え、大満足でした。次は赤い線ではなく違う線にも乗ろうと思いますシンガポールMRT 1DAY TRIP一人旅におすすめです。鉄ヲタにおすすめです。




多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。