東京とシンガポールの時差を計算すると

時差

シンガポールの時差はたった1時間。ベトナムよりもタイよりも西なのに中国、台湾、香港と同じ時差は1時間。

 

最初は不思議な感じがしました。飛行機に乗って、直行便でもシンガポールまでは7時間ほど掛かります。7時間掛かるのに時差は1時間なのです。

 

時差が少ないのはいいんですが、飛行機の中で熟睡すると夜眠れなくなります。そんなこと言っていたら海外旅行なんて行けないのですが、やっぱり不思議な感じがしました。


中国、香港、台湾とシンガポールの時差

気になったので地図を広げてみると、やっぱり時差を示した縦の線が変なんです。ジグザグになっていて日本に近いタイのバンコクやベトナムのホーチミンを見ていると時差が2時間なんです。シンガポールは1時間。

 

どうしても本当のところを聞きたかったのでシンガポール人に聞いてみました。インターネットでも調べることはできるけど、どれが本当かわからないし、シンガポール人に聞くと本音のところが聞けそうな気がしたのです。

 

聞いてみると「そうね。そう言われればそうね。これはね、香港の株式市場と同じにするためじゃないかしら。シンガポールと香港って同じ華人でしょ。経済も追いつけ追い越せでやっているから。そして香港とは仲良しでいたいからね」と言っていました。

 

なるほど。香港と同じにしたんですね。香港というより香港株式市場と同じにしたことがわかりました。これがすべてではないかもしれませんが、これは本当のことのようです。時差は香港、台湾、中国と同じです。

 

ということで日本との時差は1時間です。東京から飛行機に乗るときは時計を1時間遅らせるといいですよ。シンガポールに着いたら、空港の時計はすでにシンガポール時間です。飛行機の中での寝過ぎに注意ですね。

 

時差ボケ

タイ、ベトナムとシンガポールの時差

シンガポールとタイ、ベトナムの時差は1時間。日本とタイ、ベトナムの時差は2時間です。ややこしいですね。ややこしいのはシンガポールからタイやベトナムに行くときにややこしくなります。

 

お日様と時間の関係がよくわからなくなるからです。それと日本での感覚があるから。それも1週間以内の短期旅行に行ったときに身体が違和感を感じます。

 

1週間以上になると、どこであろうが身体が勝手に馴染んできます。個人差もありますが、人はどこでも生きていけるのです。

 

時差だけを見ても、シンガポールの興味は尽きません。政治、経済、民族が絡んで、決まりごとができています。どこを切り口にしてもいいですが、興味があるところからシンガポールを見てみると、そこから深い深いところに辿り着けるかもしれません。

海外旅行にスマートウォッチが人気

海外旅行に人気

Apple以外のスマートウォッチランキング

 

活動量計、心拍計、血圧測定、血圧計、歩数計も計測可能。3000円くらいからあります。



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。