ジブリ映画のようなベイエリアの植物園

ハウルの動く城

ベイエリアに植物園があります。ドームのエアコン効いた中にまるでジブリ映画のハウルの動く城のような山があります。ガーデンバイザベイという名前です。昼はエアコンが効いて涼しく、夜はライトアップされていてきれいな夜景スポットになります。

 

ベイエリアのマリーナベイサンズの近くにありMRT(地下鉄)でも便利に行くことができます。屋内施設は有料、野外施設は無料なのですが、有料の屋内施設にいくことをおすすめします。野外施設の夜のライトアップはもちろん無料で見ることができます。これは風の谷のナウシカのような風景です。

 

どこにもジブリ映画のことは書いてありませんが、ジブリを思い出す場所や場面がたくさんあります。ジブリの国の人(日本人)だからそう思うのか、どんな国の人でもそう思うのか確かめてみたい気もします。


ジブリ映画のハウルの動く城のような場所

行った人だけがわかると言っても過言ではありませんが、どんな場所か説明すると、大きなドームに囲まれた中に高層ビルほどの高さの山があり、その中にエレベーターがあって一気に最上階へ辿り着きます。最上階からの眺めは素晴らしく、そこから歩いてゆっくり降りていきます。そうそう頂上からは水も流れ滝もできていました。

 

ガーデンズバイザベイ2

 

美しい草花は天国のような風景にも映ります。ゆっくり下へ降りていくと山全体が要塞のようにも感じます。作られた山なので中は空洞なんです。カップルで行くといいでしょう。幻想的であり自然豊かな空間は二人を盛り上げます。家族もいいかもしれません。子供は大喜びです。

 

わたしのおすすめはハウルの動く城を見て行くことをおすすめします。すぐにでも動き出しそうな山のお城です。

 

ガーデンズバイザベイ3

ジブリ映画の風の谷のナウシカのような風景

植物園には二つのドームがあります。さきほど紹介したクラウド・フォレストとフラワードームです。その二つのドームがある敷地内にも植物園の敷地はあります。ここは無料スペースです。この敷地の広さが半端ないんです。大きいんです。

 

わたしはここを風の谷のナウシカのようだと思いました。王蟲(オーム)が出てきそうなんです。蟲使いもいそうです。ここの蟲使いは夜景などを管理する人なのかもしれません。夜景は本当にきれいです。異国情緒だけでなくタイムスリップしたかのような感覚。過去か未来かわからないのがジブリ映画とも似ています。この不思議な感覚がシンガポールらしさなのかもしれません。

 

ガーデンズバイザベイ4

 

昼の顔と夜の顔を持つこの植物園をぜひ自分の目と身体で感じてください。おすすめですよ!



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。