旅先でスケッチ水彩画を書きたいと思ったことがある人へ

スケッチ

旅先で絵を書きたいと思ったことがありませんか。でも絵心がないとか、センスがないからと諦めていた人へおすすめのスケッチ水彩画上達法です。

 

これでシンガポールの旅もさらに楽しくなりますよ。シンガポールの印象に残った風景をあなたの手で記録と記憶に残すことができます。マリーナベイサンズもオーチャードもチャイナタウンも描けば思い出がさらに深くなるはず。

 

シンガポールの街で描いていれば、声を掛けてもらって思わぬ交流が始まるかもしれません。絵は心を伝えるもの。いろんな場面で心が伝わっていきますよ。


シニアもゼロから上達するスケッチ水彩画

アラブの女性

一人旅していると時間を持て余すことがあります。これは贅沢なことなのですが、何かしたくてうずうずするときがあります。このうずうずは何か役に立つことや、身に付くことをやりたくなるから不思議です。

 

普段の生活では時間に追い立てられ「忙しい」を連発していたのに、いざ旅先で時間ができたときに持て余してしまいます。そんなときに1度は思ったことがある人も多いかと思いますが、スケッチや水彩画ができると、時間を潰せるだけでなく、充実した時間を過ごすことができます。

 

旅先だからこそ時間を贅沢に使うことができるのです。日本で仕事をしているときなんてこんなことはなかなか難しいですよね。

 

絵を書くと聞いて、絵心がないとか、センスがないと思う人も多いはず。センスなんてみんな最初は無いんです。あとから他人が評価したものでしかありません。仕事もそうですよね。初めての仕事内容でセンスがないと諦めないし、センスが無いと言われたらカチンと来るし、その程度なんです。できたときはセンスがあると評価されます。最初は誰も絵心もセンスも無いんですよ。ちょっと上手くなったひとがかっこよく言っているだけです。


ゼロからスタートする水彩画上達法

スケッチ水彩画が上手くなるには

 

上達する3ステップ

1.動画を見る
2.先生の絵を真似する
3.どんどん自分で描く

 

この繰り返しです。

 

上達するコツ

1.スケッチを書いて色を塗るのではなく
いろを塗ってスケッチを書く。

 

2.自宅で動画で学習できるので
通学時間のロスがなく早朝でも深夜でも
好きな時間に練習できる。

 

3.何度でも繰り返し見て学習
質問って意外としにくいもの。
動画だと何回も繰り返し見ることができ身につきます。

 

大事なのはコツと繰り返しの反復練習です。
1.のコツは目からウロコです。

 

シンガポールでスケッチ

 

美術的センスと絵の上手さは関係ないと先生がキッパリと言っています。このコツがわかっても反復練習をしないと上手くならないはずです。この反復練習をシンガポールでやれたら贅沢ですよね。何枚もシンガポールのあちらこちらを描けると思えばワクワクします。

 

わたしだったらアラブストリートとマリーナベイサンズとチャイナタウンは必ず描きたいです。

 

チェック

 

シンガポールの旅をさらにワクワクに。



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。