60歳以上のシニア層がシンガポールで感じる悩み

シニア世代

シニア世代60歳からのシンガポール海外旅行の悩みと解決法を紹介します。

 

年齢を重ねると若い頃との違いがあって当然。健康の悩みから派生することがほとんどです。しかし、そんな悩みがあってもメリットも多いシニア層。

 

メリットとデメリットは若い人にもあります。時間とお金の関係もそうです。シニア層は時間もお金もあるけど身体がいうこと聞かないという人も多いのでは。

 

シンガポールはシニア層が過ごしやすいところです。みんなの悩みと解決法をチェックしてみてください。


シニア世代の年齢の定義と割引

シニアコーヒー

まずは、何歳からシニア層なんでしょう。いろんな考えがありますが、シニア割引という点で考えていきましょう。

 

映画の割引は60歳以上が多いようです。JR東日本の「大人の休日倶楽部ジパング」は男性65歳以上、女性60歳以上となっています。JAL(日本航空)のシルバー割引は65歳以上です。夫婦のどちらか一方がとか、夫婦合算でという計算方法もあります。

 

元気なシルバー世代が増えて、今の60歳と昔の60歳は違うとよく言われます。もっともっと健康な人が増えるとシニア世代の年齢の定義も変わってくるかもしれません。今のところ60歳から割引があるようです。


シルバー世代のシンガポールでの悩みと解決法

若い人との違いを見ていくと、どちらもメリットとデメリットがあります。デメリットは最小限に抑え、メリットは最大に活かしていきましょう。普段の生活も旅行も同じことが言えます。

 

年齢

時間

お金

健康

学生(20歳以下)

×

20~60歳

×

シニア(60歳以上)

×

 

それでは、悩みと解決法です。

 

健康


歩くスピード、お手洗いの頻度から、足の調子が悪いので長時間座れない、車椅子での移動など小さい悩みから大きな悩みまでいろいろあると思います。個人によって健康の悩みの差はありますが、シンガポールはドラッグストアーも日本と同じくらいの数があり、高齢者も多いので、道路やエレベーターエスカレーターの対応も日本と同等です。海外と言えども過度の心配は必要ありません。

 

治安


これも日本と同じと考えて大丈夫です。世界の中でもトップレベルの安全があります。しかし日本と同じで犯罪がゼロというわけではありません。夜道は一人で歩かないとか、泥酔しないとか、貴重品はいつもチェックするとか、日本と同じくらい気を付けましょう。

 

言葉


英語が通じます。この際、英語にチャレンジすることをおすすめします。シニア世代はこれまでの人生経験があります。これまでの人生で身に付けた経験と英語を結びつけると、英語の上達も早いし、表現力も違います。これまでの経験を聞きたい人をシンガポールで見つけるといいと思います。文化が違えば聞きたいことはたくさんあるはずです。さらに日本のことや、仕事の技術などを英語と絡めると、楽しさや充実感も出てきます。

 

シニア層

総合的に見てもシンガポールはシニア世代におすすめの海外

年齢を重ねると大なり小なり悩みも出てきますが、総合的に見てもシニア世代が海外旅行に行くにはシンガポールはおすすめな場所です。夫婦旅なら観光スポットを、一人旅なら英語にチャレンジもいいかもしれません。このサイトにヒントをたくさんかいているので参考にしてくださいね。



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。