シンガポール旅行でのシングリッシュ英語

シングリッシュ

シンガポールの公用語は英語。イングリッシュ。でもシングリッシュと呼ぶ人も多いですよね。シンガポール独特の訛りがあるからです。

 

英語を勉強するときにシンガポールはこの訛りがあるから敬遠する人が多いです。確かに訛っていて本場のアメリカやイギリスと違う部分も多くあります。きれいなアメリカ英語やイギリス英語を身に付けるにはシンガポールは良くないと思います。


シンガポールで英語を学習して世界で戦える人材に

しかしですよー(ここからがわたしの思うところ)コミュニケーション力をつけて世界で戦うにはシンガポールはいいところだと思います。シンガポール人は同じアジア人ながら訛った英語で世界で戦っているのだからこの戦い方を英語の視点から身に付けるのはいい学習だと思います。

 

この訛りもしばらく聞いていると日本の方言のように聞こえてきます。東京の人が東北の人の言葉を聞くように。そしていつのまにか伝染っていたりします(笑)

 

さらにシンガポール人に学ぶ点は3カ国語、4カ国語当たり前に話す点にあります。これは学力が高い人に限った話ではありません。そこらへんのお土産やさんやスーパーのレジのおばちゃんもそうです。わたしは8カ国語話す人と出会いいろいろ学習の仕方を体当たりで学びました。

シンガポールで英語中国語の語学を学習する理由

さらにシンガポールの特徴は華人が70%以上いて中国語も当たり前に話します。中国語も広東語、福建語、客家語など多岐にわたりますがこの人たちの共通言語として普通話(中国語/北京語)があります。この中国語、英語ミックスで話す人が多いんです。

 

きれいなアメリカ英語イギリス英語を話したいならシンガポールでの英語学習をおすすめしませんが、世界で戦うコミュニケーション力をつけたいならシンガポールでの語学学習を強くおすすめします。

 

シンガポールの4カ国語表示

 

写真はシンガポールの4カ国語表示。重要なことや危険な場所は4カ国語表示です。

わたしのトリリンガル格安短期留学日記

シンガポールの街並み

わたしはちゃんと留学したわけでなくシンガポール滞在期間中に積極的に語学力をつけようと奮闘しました。買物するときもなるべく会話を長くしようと思って話をどんどんしました。

 

語学について疑問点もたくさんシンガポール人に質問しました。気軽に教えてくれました。ここがシンガポール人のいいところですよね。
60歳のシンガポール人の両親は香港人で自宅では広東語を話すと言っていました。普通話(中国語)は大人になって友達が普通話しか話せないから覚えたと言っていました。こんなとこからも歴史と文化が見えてきます。

 

学校に行く留学ではなかったものの自分の中ではプチトリリンガル格安短期留学になりました。そうそうわたし中国語話せるんです。そして今も中国語学習と文化について勉強中です。




多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。