快適なシンガポールのゲストハウスを選ぶ方法

ゲストハウス

シンガポールにも安宿がたくさんあります。安宿と言っても料金もいろいろ。

 

1000円台から5000円越えるゲストハウスがあります。20ドルから50ドルといった感じです。

 

何が違うかというと、ひとことで言うと快適さです。快適なほど料金が高い傾向にあるのですが、たまに安くても快適なところがあります。快適な場所を選ぶ10のポイントはこちらです。


シンガポールのゲストハウスの10のチェックポイント

シンガポールの安宿を選ぶときの10のチェックポイント

 

ベッド

二段ベッド/三段ベッド/カーテン付き/大きさ

 

寝床が快適だとそのゲストハウスはとても心地よく感じます。ゲストハウスのドミトリールームの多くは二段ベッドです。最近は三段ベッドもあります。カーテンをつけて快適な空間にしているところもあります。

 

朝食

グレード/あり/なし

 

ゲストハウスの多くは朝食付きです。グレードが低いところでも最低限食パンと紅茶があります。グレードが高いところだと日替わりで各国料理が出てくるところもあります。中華、マレーシア料理、インド料理と続いたこともありました。

 

ゲストハウスの朝食

 

WiFi

早さ/受信場所

 

安宿といえどもWiFiは重要です。安宿に泊まる人はWiFiを駆使して旅している人が多いからです。ひと昔前と変わりました。10年以上前は地球の歩き方のガイドブックを片手に旅していましたが、今はスマホを片手に世界を旅しています。

 

スッタフのフレンドリーさ

適度/フレンドリー/フレンドリーじゃない

 

せっかくの旅先なのでいい思い出をつくりたいですよね。スタッフのフレンドリーさは旅の思い出に影響します。

 

シャワー

水圧/お湯/空間

 

安宿なので湯船に浸かれるところはありません。キッパリ。しかし疲れはとりたいですよね。まずは熱いお湯がでるかどうか。宿によってはぬるいお湯しか出ないところもあります。水圧も要チェックです。ちょろちょろしか出ないところもあります(笑)。空間もトイレと同じ空間のところもあります。どこまでグレードを下げれば下げるほど安くなるので、あとは自分との戦いです。

 

ゲストハウスのシャワー

 

MRTの駅

遠い/近い

 

毎日MRT(地下鉄)を使って出掛けるなら駅との近さはとっても重要です。通り道が観光地や見どころもたくさんあるところがあり多少遠くても気にならない場合もあります。

 

貴重品の保管

安心/不安

 

共同スペースが多いので貴重品の保管は気になります。南京錠が活躍する宿もあります。パスポート、現金、クレジットカードなど、シャワーを浴びているときも安心できる保管場所があるかどうかチェックしましょう。

 

チェックアウト

早い/遅い

 

11:00チェックアウト、12:00チェックアウトが主流のようです。その後その日はチェックアウト後スーツケースなど大きな荷物を預かってくれるところも多いです。

 

フリードリンク

ある/高級/普通/ない

 

紅茶がフリードリンクサービスしているところが多いです。グレードの高いコーヒーをフリーにしているところは居心地がいい証拠です。フルーツもフリーにしているところもありました。

 

フードコート

ある/ない

 

せっかく安宿で節約しても食費が高かったらトータルで考えると高くなります。シンガポールはホーカーと呼ばれる安いフードコートがたくさんあるのでそことの近さもポイントです。

 

フードコート

事前にシンガポールのゲストハウスをチェックするにはどうしたらいいか

このチェックポイントは泊まってみて初めてわかることもあります。事前にチェックするにはどうしたらいいか。こちらのページでまず泊まりたいゲストハウスをチェックして、口コミや評判を見るとだいたいわかってきます。



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。