シンガポール一人旅中の恋の魔法とは

恋の魔法

旅は非日常、恋が生まれやすい瞬間でもあります。男も女も隙だらけ。普段ガードが固い人も旅先では緩んでいます。だって旅ですもんね。日本人はもちろんですが、世界の人が集まるシンガポールには、そんなリラックスしている人が大勢います。

 

旅に出れば恋が始まるのはイコールではありませんが、可能性が高くなるのは確かです。もっと言えば旅先の恋は長続きしないのも確かです。だって非日常で見た恋は、日常に戻った瞬間、恋の魔法が解けるからです。

 

視点を変えると旅先での恋の魔法を上手く活用するのです。これは男性側に立っても、女性側に立っても同じこと。恋の魔法です。言うまでもなく普段から恋することが上手な人が旅先でさらに上手くいきます。しかしこれが恋の面白いところで、恋に慣れてない人が一気に恋に落ちることも旅先では珍しくありません。そのくらい旅先には魔法が掛かるのです。

 

シンガポールでの旅先の恋の魔法はオーチャードの街並みだったり、ベイエリアの夜景だったり、美味しいシンガポールフードだったり、普段聞きなれない外国語だったり、初めて会った外国人だったりします。

 

恋の魔法をフル活用してくださいね。それではその恋の魔法を活用する方法を続きに書いていきます。


シンガポール一人旅で恋する魔法の活用方法

恋の魔法を活用する方法です。これは上手い人と下手な人どちらが上手くいくか背中合わせです。まずは上手い人から見ていきましょう。

 

恋が上手な人
1.普段から恋愛上手(日本にいるときから)
2.外国語堪能(英語など)
3.行動力がある(話掛ける能力)

 

それでは恋が下手な人
1.普段から恋愛が下手(日本にいるときから)
2.外国語が話せない(中学英語すら)
3.行動力がない(誰にも話し掛けない)

 

これを見ると恋が下手な人はどうしようもなく感じます。もちろん恋が上手な人が恋の魔法を上手く操って恋をする可能性は高くなるでしょう。しかし、こういう人に限って恋が長続きしなかったり、方法が上手すぎて意中の人をゲットできなかったりするのも事実です。恋が下手な人は不安がいっぱいかもしれませんね。

 

それではそれぞれにアドバイスするとすればこうなります。

 

恋が上手な人へ
あえて下手な部分を作ってください。行動力があるのであれば、行動力を少し下げて不器用になってください。すると相手のガードは緩くなります。不器用を活用するのです。

 

恋が下手な人へ
どれかひとつでもチャレンジしてみてください。わかりやすいのは行動することです。なんでもいいので話し掛けるとそこから道は開けてきます。「このあたりで美味しい店知っていますか?」こんな会話でも大丈夫。意外と簡単に道は開けます。

 

シンガポールの恋

村上春樹風に例えるシンガポール旅行恋愛プラン

日本人にとってシンガポールは異国です。異国が上手くスパイスを振りかけてくれます。それは絶景という恋のスパイスかもしれません。あるときはトラブルという恋のスパイスかもしれません。スパイスは神のみぞ知る、だから旅は面白い、だから一人旅は面白いのです。

 

村上春樹風に言うとこんな感じでしょうか。

 

完璧なシンガポール一人旅などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。だからまたシンガポール一人旅に出掛けるのだ。



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。