カメラ女子がまだ少ない穴場なうちにシンガポールへ行こう

カメラ女子

今や全国に生息するカメラ女子。日本のみならず、海外へ出掛ける女子も多いとか。まだまだシンガポールはカメラ女子たちの話題に上っていませんが、実はこんないい場所はないんです。なぜかというと、それはこんな理由からきています。

 

特に2.はカメラ女子にとっておすすめのスポットが満載です。世界旅行に行かなくてもシンガポールで世界を感じることができます。特にこの3つのスポットです。チャイナタウン、リトルインディア、アラブストリート。シンガポールへはシンガポール航空がおすすめです。安さを求めるならLCCもあります。最近はジェットスターも便利です

 

チェック

1.国土が狭いので観光しやすい。
2.たくさんの世界の文化が凝縮している。
3.安全で食べ物もおいしい。


シンガポールで世界をめぐる

たくさんの見所があるシンガポール。中国に行って、インドに行って、アラブに行かなくてもMRT(地下鉄)に乗って世界をめぐることができます。この三つは地下鉄の駅にもなっていて街として形成されていてそこに住んでいる人たちがその文化の人たちなのです。

 

チェック

1.チャイナタウン
2.リトルインディア
3.アラブストリート

チャイナタウン

チャイナタウンは中華系の人たちが住んでいます。なので中華料理店もたくさんあります。お土産屋さんもたくさあり世界の観光客で賑わっています。ここにはバックパッカーのためのゲストハウスもたくさんあり、激安宿からおしゃれゲストハウスまであります。

リトルインディア

リトルインディアはインド系の人たちが住んでいるエリア。駅から降りるとカレーの匂いとインド音楽が流れてきます。チャイナタウンから30分も掛からないのにここはもう異国。これがシンガポールのいいところです。街行く人たちの服装もちがうし、おでこの真ん中には赤い印をみんなつけています。ここで食べたカレーはやはり日本で食べれない異国のおいしさでした。

アラブストリート

アラブストリート街の中心には立派なモスクがあり、この建築物を中心に街が形成されています。中国もインドも日本人だったらなんとなくイメージできるけど、アラブってイメージしにくいですよね。だけど、ここにはしっかりとアラブがあります。ここでわたしはバックを買いました。

カメラ女子のシンガポール旅行

この三つのスポット以外にシンガポールの繁華街や夜景スポットや観光地などあります。この三つのスポットはシンガポールの中で世界を旅するスポットです。スポットといえどもつくられたテーマパークではないので、生活に密着した街並みをみることができます。

 

カメラ女子1

 

カメラ女子2

 

カメラ女子3

 

カメラ女子4

 

カメラ女子5

 

カメラ女子6

 

カメラ女子7

 

カメラ女子8

 

カメラ女子にとっては穴場的な場所なはず。みんなが気付かないうちにカメラ片手に旅行に行きましょう。そうだシンガポールへ行こう!



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。