シンガポールと日本のマクドナルドを比較

マクドナルド

シンガポールにもマクドナルドがたくさんあります。日本とメニューも価格も違います。

 

興味深いのは店舗設計。シンガポールならではの工夫がされています。街を歩いていると日本では見たことのないマクドナルに遭遇してワクワクすることもあります。

 

もちろんキャンペーンも日本とは違います。ハローキティのキャンペーンのときはシンガポーリアンが殺到するのでご注意ください。以前のハローキティのキャンペーン時は多くのシンガポーリアンがハローキティの限定マスコットを求めてマクドナルドに来店しました。


シンガポールのマクドナルドの店舗のエコ設計

マクドナルド

シンガポールのマクドナルドは外観が日本と違うだけでなくエコ設計の店舗も多くあります。屋根に芝生がある郊外型店舗もあります。常夏のシンガポールでも暑くない工夫がなされていました。

 

左の写真はオープンカフェのマック。おしゃれでした。屋根にある扇風機も大きいのがついています。夜になるとエアコンの効いた店内よりも、この扇風機のあるオープンテラスの方が人気があります。夜風が気持ちいいんですよね。

 

シンガポーリアンも勤勉な人が多く、マクドナルドで本を読んだり、勉強したり、パソコンを開いていたりしています。くつろげるマクドナル探しの旅もおすすめです。

 

座席がないテイクアウト専用のマクドナルドもありました。この写真はオーチャード。シンガポールで1番の繁華街、オーチャードロードにあります。ここを歩きながらマックを食べている人や、オフィスで働く人が持ち帰りメニューから選んで購入しています。

 

シンガポールのマクドナルドは環境エコを意識したところが多くあります。四季のある日本との違いにも注目です。

 

マクドナルド


シンガポールのマクドナルドのメニュー

マクドナルド

シンガポールのマクドナルドメニューも日本と違います。このメニューの違いも旅の楽しみです。以前インドネシアに行ったときはパスタメニューもありました。

 

朝マック(モーニングメニュー)もあります。SUNRISE ROLL(サンライズロール)はチキンハムとソーセージから選べます。日本とは違うメニューです。

 

シンガポールではいろんな人種がマクドナルドで食事をしています。しばらくすると当たり前の光景になり何も違和感もなく見過ごしがちですが、よくよく考えると、世界の人種を相手に人気があるマクドナルドってすごいなと思います。

 

しかも食事だけにとどまらず、エコ設計やメニュー開発など、世界共通のブランドに甘えることなく、その国々に合わせた柔軟性はすばらしいと思いました。見る視点を柔軟にすると、街角にあるマクドナルからもいろいろ学べます。そんなことを考えながらまた散歩しよう。




多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。