西暦より旧正月のニューイヤーが盛大なシンガポール

春節バーゲンセール

春節のチャイニーズニューイヤーバーゲンセールを狙い撃ち。シンガポールでお買物を楽しみましょう。

 

百貨店も専門店もショッピングモールも多くの人で賑わっています。割引の文字があちらこちらに貼ってあります。

 

セールの広告は中国語のものも多くあります。春節は中華系の文化でシンガポールの人口の7割以上は中華系なので納得です。

 

中国語のめでた四字熟語も街中に飾ってあります。漢字なのでなんとなくわかりますよ。これを見るのもこの時期のシンガポールを楽しみです。


百貨店も専門店も春節セールで大安売り

赤い下着

どこもかしこも春節セールです。中華系のイベント、中華系の人たちなので赤が大好き。街中が赤になります。めでたいときは女性は下着も赤にするそうです。なので赤い下着の特設会場もありました。同じアジア、同じ漢字の文化圏でも、下着の色の文化は違うんですね。

 

ちょっと驚きと違和感を感じたのは、この中華圏の文化の赤い下着のマネキンや広告の女性モデルはみんな欧米のモデルなんです。わたしたちアジアの顔ではないんです。

 

違和感を感じましたが、日本でも同じことがおきているんですよね。日本では当たり前になり何も感じなくなっていましたが、冷静に考えると変な感じです。シンガポールで散歩しててハッと気付きました。

 

日本に欧米から来ている外国人観光客もいろんな点でこんな「日本あるある」がたくさんあるんだと思います。自分の視点、日本の視点を見直すには、旅は本当にいい効果があると思います。一人旅は考える時間があるので、さらにじっくりゆっくり物事に向き合うことができるんです。


春節に中国語のめでたい漢字の四字熟語で1年の計画を立てる

あちらこちらに中国語の四字熟語があります。どれもめでたい意味です。中国語を勉強している人は、この時期に行くと一気に語彙が増えそうですね。

 

年年有余

 

シンガポールの1番の繁華街のオーチャードにある1番大きなデパートの高島屋には吹き抜けのロビーに大きな四字熟語がありました。年年有余と書いてあります。年々余りある生活になりますように、余裕ができますようにという意味です。4階から垂れ下がる幕の大きさに圧巻でした。

 

チャイニーズニューイヤー

同時にチャイニーズニューイヤーセールも行われていて、特設イベント会場には多くの店が出店し、多くの人で賑わっていました。

 

台湾、香港からの出店が多い中、日本からの出店者もいました。

 

日本人も世界を舞台に仕事してがんばっているのだと思いました。物販小売で世界に進出するのはなかなか大変かと思います。しかも個人商店の人も多くいました。

 

こんな光景を見ながら、いろいろアイデアとこれからの策を練っていました。一人旅って遊びも仕事も同じ土俵なんです。だから大変だったり楽しかったりなんです。



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。