シンガポール一人旅でチャンギ国際空港を活用する方法

チャンギ国際空港

シンガポール一人旅でぜひとも活用してほしいおすすめスポットがチャンギ国際空港食う寝る遊ぶこと。特に寝るを体験してほしいです。

 

トランジットや乗り継ぎはもちろん、早めに空港に来て快適な空間をぜひ利用してください。本当にくつろげます。

 

いろんな国の人が次に乗る飛行機の時間まで空港内でくつろいでいます。ここまでくつろいでいいのかと思うくらいくつろいでいます。旅慣れているのでしょう。熟睡している人も多いですよ。


無料WiFi完備チャンギ国際空港で食う寝る遊ぶ

チャンギ国際空港

チャンギ国際空港は無料WiFiが完備されています。本当に便利。今どきの旅人の心をつかんでいます。空港内にはレストランやフードコート、カフェもあり食べるには困りません。

 

飛行機に乗れば機内食もあるので我慢すればいいんですが、ついつい旅情に浸るためにブラックコーヒーを飲みながら窓の外の飛行機を眺めます。

 

これは旅の終わりの儀式みたいなもので、今回もシンガポールに来てよかったなと思いながら心を整理する至福の時間です。

 

さらに時間のあるときや、乗る予定の飛行機が遅延になったときは、無料のフットマッサージ機で疲れを取ります。このフットマッサージが無料なのに高級で本当に疲れが取れるんです。

 

そしてまわりを見渡すと、いろんな国の人がいます。どこの国の人かわかりませんが、国籍はいろいろだと思います。

 

たっぷり時間ができたときにおすすめしたいのが寝ることです。なかなか日本の空港はここまでくつろげません。海外ならではの光景です。ここで寝転がってくつろいでいると海外旅行の醍醐味がだんだんと自分の中に入っていくような気がします。

 

女子でも大丈夫ですよ。欧米のキュートなヤングガールはみんなやっています。日本人はあんまり見ないけど、ここは海外、シンガポール、トランジットで疲れてそれを癒やす場所なんです。ちょっと横になってみませんか。

 

チャンギ国際空港


トランジットや乗り継ぎでも利用する価値は大きい

ここまでくつろげるチャンギ国際空港。シンガポールに行かなくても、トランジット乗り継ぎで利用するといいと思います。日本からシンガポール乗り継ぎでヨーロッパもいいと思います。わたしはインドネシアに行くときにもこのチャンギ国際空港でトランジットしてくつろぎました。

 

わざとトランジットの時間を長くとるというのもアリだと思います。街のカフェに行くより椅子もふかふかで座り心地がいいし、カフェもたくさんあってコーヒーも飲めるし、トイレもきれいだし、至れり尽くせりです。

 

違う国でトランジットするくらいなら、シンガポールがおすすめです。



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。