シンガポール旅行の検索によく出てくるおすすめのスクート航空とは

LCC

話題の成田発シンガポール行きLCCスクート航空(scoot)。ツアーの内容を見ていても「スクート航空指定」の文字をよく見かけます。格安航空券のサイトを見ても料金が燃料費込みで本当に安いんです。

 

スクート航空とは、シンガポール航空の子会社なので安全性は安心できそうです。

 

気になる機内食の評判や、手荷物のサイズや重さの追加料金、座席の広さ、快適さなどの口コミを紹介していきます。台北経由の乗り継ぎ時間も短く所要時間はトータル約9時間です。結論から言うと、この安さならいろんなことを許せて乗りたいという気分になります。


スクート航空のチェックポイントは安さ・手荷物・座席

スクート航空を予約するときのチェックポイントは大きく言うと三つです。

 

1.安さ
LCCの魅力はなんといっても安さです。安くないとLCCの良さなんて半減どころか無いに等しいもの。安いからこそ、他の航空会社より劣る部分があっても選んでしまうんです。

 

2.手荷物
安いから航空券を買ったあとに、手荷物の追加料金があることを知って、結局高くなることもあるので、自分の手荷物の重さとサイズと、スクート航空の荷物制限を詳しくチェックしましょう。エコノミークラス、ビジネスクラスによっても違います。

 

3.座席
ビジネスクラスは広いんですが、これはエコノミークラスの話です。エコノミークラスでも広いと評判です。同じLCCのバニラエアよりも広いとの口コミも多数あります。シンガポールまで台北を経由して約9時間。この座席の広さは重要ですよね。

 

機内食もポイントかと思いましたが、これは現地に行って美味しい料理を食べればいいと思います。シンガポール航空の子会社なので安全性は問題ないというのが多くの人の見解です。安さを求めてLCCに乗るので、ここはこだわらなくてもいいと思いました。ちなみに機内食は有料です。必要経費と割り切るか、お菓子や食料を持ち込むかどちらかですね。液体物はパスポートチェックしてもらったあと免税店で買わなければなりません。

 

mrt

スクート航空の評判と口コミ

こんな口コミと評判がありました。参考にどうぞ。対処法も考えました。安いから仕方ない部分もありますよね。贅沢したかったら他の航空会社という選択肢もあります。見ていて、いい口コミの数が多かったです。

 

いい口コミ
意外と座席が広い
過剰サービスはなく必要なサービスに満足
シンガポール航空の子会社なので安心

 

よくない口コミ(対処法)
冷房が効きすぎて寒い(服を多めに持っていく)
機内食が高い(利用せず我慢)
日本円で支払えない(カード決済)

スクート航空の運行状況と一人旅におすすめのLCC

スクート航空の運行状況は今のところ成田発のみです。

 

出発地 乗継(経由)地 目的地
成田(東京) 台北 シンガポール

 

スクート航空はシンガポールを中心にアジアの各都市にネットワークを広げています。シンガポールでしばらく滞在したあとにバンコクに行ったり、香港に行ったり、片道キップでも格安に旅行ができます。

 

一人旅で時間の余裕があって航空券を格安に済ませたいときは、LCCが便利でおすすめです。これからLCCの競争も激しくなり、海外がさらに身近になりそうですね。頻繁に海外に行くようであればLCCサイトも検索してみてください。



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。