シンガポール行き航空会社徹底比較

成田空港

シンガポール行きの航空会社を徹底比較。シンガポールに行くにはたくさんの航空会社の中から飛行機を選ばなければなりません。快適さで行くならシンガポール航空。安さで行くならジェットスター航空。安心の日本企業で行くなら日本航空か全日空。バランスを重視するならキャセイパシフィック航空など。

 

経由で行くなら数十通りの航空会社と路線があります。電車の時刻表のようにフライトスケジュールをチェックしてもいいと思います。これがパッケージツアーにはない楽しみと醍醐味です。

 

所要時間を気にするなら直行便を選びましょう。経由便だとトランジットで外国の国際空港でのんびりする楽しみが増えます。わたしは空港が好きなのでのんびりトランジットを選ぶことも多くあるんです。

 

視点はそれぞれなので、この比較表を見ながらどの航空会社にするかチェックしてください。この悩んでいる時間も旅の楽しみですよね。


日本発シンガポール行きの主な航空会社比較

航空会社

コード

 価格

 快適さ

 直行便

シンガポール航空

SQ

高い

あり

日本航空(JAL)

JL

少し高い

あり

全日空(ANA)

NH

少し高い

あり

キャセイパシフィック航空

CX

少し安い

なし

ジェットスター航空

JQ

安い

なし

 

 

価格
どの航空会社を選ぶかは人それぞれです。価格は通常の感覚の高い安いの一般的な感覚です。キャンペーンやお盆お正月などで変動します。最安値カレンダーを普段からチェックしてみたり、航空会社や旅行会社のホームページを見ながらキャンペーンをチェックすると思わぬ安いチケットを手に入れることができたりします。通常価格が高いシンガポール航空もキャンペーンをやっていたり、ジェットスターが激安キャンペーンをやっていたりします。facebookでも告知することが多いので航空会社のfacebookページに「いいね!」を押してチェックするのもおすすめです。

 

快適さ
快適さはある程度価格に比例します。快適さの基準として「サービス」「機内食」「座席」があります。座席が狭いと長時間の旅はつらいかもしれません。若い人はそれでも安いほうがいいかもしれませんね。機内食を楽しみにしている人も多いと思います。LCCでは、機内食も飲み物も有料になる場合があります。事前にチェックして腹具合を調整したり、お菓子や食べ物を用意したりしなければなりませんね。安さを取るか、少し航空券が高くなっても機内食を楽しみにするか迷うところです。機内食を楽しむのも旅の良さです。

 

直行便
これは所要時間に大きく関係してきます。急ぐときは直行便がおすすめです。
シンガポール直行便所要時間は次の通りです。

成田発 約7時間30分
関西発 約7時間
福岡発 約6時間30分

 

経由便
経由便は所要時間にプラスしてトランジットの時間を考えないといけません。空港は快適なところが多いので、空港マニアのわたしはわざわざ経由便を選ぶこともあります。

 

成田空港

安さを選ぶならジェットスターでシンガポールへ

日本発シンガポール行きのジェットスター

出発地 経由地 目的地
大阪(関西) 台北 シンガポール
大阪(関西) マニラ シンガポール
福岡 バンコク シンガポール

 

なんだかんだ言って安いのは魅力です。

 

 

LCCを上手く使って世界を旅するのは旅上手な条件です。最近勢力を広げつつあるジェットスターがどんどん便利になってきています。日本国内もジェットスターの路線が増えてきました。上手く活用すれば格安でシンガポールへ辿りつきます。この旅の準備が楽しいんですよね。



多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。