格安ツアーを選ぶ方法

MENU

シンガポール格安ツアーの選び方

格安ツアー

シンガポール格安ツアーの選び方。いろんなツアー会社があります。どれも同じようで同じではありません。成田、関西、福岡など全国からツアーが出ています。航空会社もいろいろです。クリスマスや年末お盆は混むので早めに予約しましょう。

 

一人旅のツアーも最近販売されるようになりました。おひとりさまでも大丈夫なものもあります。普通に予約すると、一人部屋料金など加算され、ツアーなのに安いのか高いのかわからなくなります。

 

ランキング形式でツアー会社を紹介していきます。


シンガポール格安ツアーランキング

格安ツアーと言えど何でもいいわけではありません。チェック項目があります。

 

1.価格
2.日程
3.航空会社
4.ホテル
5.オプショナルツアー
6.保険
などなど

 

まず気になるのは価格ですよね。価格を見てなんとなくシンガポールに行く気になったら日程を見るかもしれませんね。その逆から見る人は具体的な日程が決まっている人です。クリスマスにシンガポール旅行したいからどこかに格安ツアーがないかなという人ですね。

 

今回のランキングは上の方がいい可能性が高いということです。最近DeNAはインターネットを中心に勢力は広げつつあります。安い格安の可能性が高いです。

 

JTBと日本旅行は旅行業界の老舗ですね。JTBは安さにも挑戦するようになってきました。旅行業界も大変なのかもしれませんが、利用する側としてはうれしい限りです。日本旅行は街角でよく見かけます。対面販売に力を入れているのだと思います。

 

ランキング1位のDeNAだけチェックするのではなく、時間があるときにこの三つの企業のシンガポール行きをチェックしたら、最安値が出てくるはずです。価格だけではないチェック項目も忘れずに見てください。

 

 

プロ野球球団を持つまでになった成長企業。格安ツアーは、まずはここをチェック。

 


DeNAトラベル

 

誰もが知っている大手企業。最近は安さも頑張っています。

 


JTB

 

街を歩けばこの企業の店舗があります。店頭で店員さんに聞きながら申し込むときは便利です。

 


日本旅行

 

格安ツアー

スマップのソフトバンクCMのホテルに泊まるシンガポールツアー

マリーナベイサンズ

ホテルは絶対マリーナベイサンズがいいという人も多いはずですよね。そんな人にこのサイトをおすすめします。マリーナベイサンズのツアーです。部屋別に価格の設定が違います。最高級の部屋は35~49階のスカイビューが楽しめます。

 

どれにするか迷いますよね。屋上にある地上200mのインフィニティプールは宿泊者は利用できるので安心ください。まずはじっくりチェックすることです。

 

高級感 部屋のタイプ 備考
20% デラックスルーム  価格重視
40% プレミアルーム  部屋が広々
60% オーキッドスイートルーム  シンプルで優雅
80% サンズスイートルーム  快適でラグジュアリー
100% クラブルーム  35~49階のスカイビュー

 

 

チェック



中国語単語無料メルマガ
多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

シンガポール旅行の準備
ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。

関連ページ

シンガポールで遊ぼう!現地オプショナルツアー人気ランキング
シンガポールはオプショナルツアーが充実しています。JTB、HIS、日本旅行などでも予約できます。1番人気はナイトサファリです。ゴルフやエステもあります。人気ランキングで口コミも紹介していきます。直前予約もOK。チェックするだけでもワクワクです。
オプショナルツアー1番人気のナイトサファリの口コミ
シンガポールのオプショナルツアーランキングで1番人気のナイトサファリ。人気の秘密は赤道直下の動物園、広大な敷地35万平方メートル、夜だけの特化型動物園などが上げられます。日本語ガイドもあり安心。気になる口コミや評判も上々ですね。
シンガポール発着クルーズ船の格安で豪華な3泊4日の口コミ
最近話題のクルーズ船。豪華だけど格安な料金に驚きです。シンガポールは世界のクルーズ船ツアーの拠点になろうと官民一体となっています。クルーズ船ターミナルもきれいです。クルーズ船の旅の口コミをまとめてみました。東南アジアクルーズが今注目を浴びています。
コスタクルーズで行くシンガポール発着東南アジアの船旅
人気のシンガポール発着のコスタクルーズの船旅。格安なのに船内はとても豪華です。今回はプーケット、ランカウイに行くツアーを動画でチェック。プールもカジノも朝食も部屋もショータイムも画像なので一目瞭然。東南アジアならではの常夏を船旅で楽しむことができます。