おすすめのシンガポールで英語中国語ペラペラ

MENU

シンガポールの言葉記事一覧

シンガポールの言葉は英語だと思っている人も多いはず。公用語は英語ですが、街中では中国語、マレー語、タミール語など多種多様です。英語が話せれば旅行中は問題なく過ごせます。有名な観光地やチャンギ国際空港は日本語のアナウンスや表示もあるのでとても便利です。しかし、語学学習意欲がある人はこんなにいい場所はありません。多種多様な民族がいる中で言葉も多種多様です。英語だけでなく中国語、マレー語、タミール語など...

シンガポールは観光立国。観光地はカタカナ英語と身振り手振りで問題ありません。日本語を話すスタッフもたくさんいます。公用語が英語なのでほとんどの人が英語を話します。たまに中国語しか話せない老人もいます。シンガポールは建国40数年なので、その前に生まれた人は英語を学習する機会がなく、そのまま過ごしている人もいるからです。しかし、ショッピングエリアや観光スポットやホテルは英語で問題ありません。日本語を話...

シンガポールの公用語は英語。でも街中では中国語が溢れています。中華系が70%以上を占めるシンガポールでは家庭はもちろん、友達どうしでも中国語を話しています。マレー系、インド系もいるので公用語は英語をつかっています。そして世界へ羽ばたくシンガポールは英語を使って飛び立っているのです。そんなシンガポールですが、中国語を勉強するには最適の地かもしれません。なぜかというと、ここでは中国語以外にも中華系の言...

シンガポールの公用語は英語。イングリッシュ。でもシングリッシュと呼ぶ人も多いですよね。シンガポール独特の訛りがあるからです。英語を勉強するときにシンガポールはこの訛りがあるから敬遠する人が多いです。確かに訛っていて本場のアメリカやイギリスと違う部分も多くあります。きれいなアメリカ英語やイギリス英語を身に付けるにはシンガポールは良くないと思います。

シンガポール一人旅に行く前に身に付けておきたい語学力。現地で体当たり学習も勉強になるのですが、事前の学習も大事です。テキスト、インターネト、対面学習それぞれに合った勉強方法でレベルアップ。これで旅行も楽しくなるはずです。事前になんとなくでも勉強していると、スタートダッシュが違います。例えば英語だと、中学英語は事前にテキストを買って勉強しておくとか、インターネトのオンライン英会話でネイティブと接して...

一人旅で8カ国語話すマレー系シンガポール人に出会いました。英語、北京語、広東語、客家語、マレー語、日本語、タイ語、タミール語を操っていました。語学学習とコミュニケーションの感覚を身に付けるにはシンガポールは最適なところです。一人旅のときにはこんな人と出会う確率が高くなるから不思議です。アンテナを立てて行動していると周波数が合うように、誰かと知り合い、話し、仲良くなります。この8カ国語話す人もそうで...

シンガポール一人旅のときに出会った60代女性の中国語(普通話)はあまり上手ではなく、広東語を流暢に話していました。なぜかと言うと両親が香港から来た人だそうです。シンガポールでは福建語、潮州語、広東語、客家語、海南語を話す人も多くいます。中華系の華人が70%以上を占めるシンガポール。その祖先たちの多くは中国大陸の南の地域から来ています。祖先の時代は地域ごとに言葉が異なる時代。いろんな言葉が飛び交って...

シンガポールのおすすめラジオ局、最愛LOVE97.2FM。中国語です。歌番組もあり、健康番組もあります。ありのままのシンガポールの生活を知ることができます。中華系の人が70%以上いるのでラジオの内容も豪華さも充実しています。シンガポールにはたくさんの人種がいるのでいろんな言語のラジオが存在しますが、中国語と英語のラジオ局が多いです。わたしはiPhoneアプリでいつも聞いています。パソコンのインター...

シンガポールの公用語は英語だけど実際のシンガポール人は70%以上が華人です。日本人と同じ顔をしています。その人たちは普段中国語を話しています。しかしこの話している言葉は複雑であるときは中国語(普通話/北京語)を話していたかと思えば、英語を話していたりします。じっくりシンガポールの言語状況を聞くと自宅では広東語や福建語を話しているとのこと。おじいちゃんおばあちゃんがそこからシンガポールに来たのです。...