マレーシアのジョホールバルへアジア旅行

MENU

マレーシアのジョホールバルはアジアの匂いがするところ

ジョホールバルの看板

マレーシアのジョホールバルへシンガポールからMRTとバスを乗り継ぎ日帰り一人旅。

 

ジョホールバルの歓喜という言葉も日本サッカー代表のおかげで有名になりました。マレーシア第二の都市です。

 

シンガポールから橋を渡ればすぐ。そんな便利なところですがパスポートは必要です。忘れずに。

 

一人旅で異国から異国へ。寂しいを通り過ぎてちょっとハイテンションになることもあります。

 

風景も空気も匂いも変わり、ジョホールバルでいろいろ考えてきました。


ジョホールバルで考えたシンガポールと日本

ムスリムファッション

ジョホールバルの街を歩きながらいろいろ考えました。アルファベットの看板なのに英語じゃないのでチンプンカンプンです。

 

女性の可愛いという基準もわたしとちょっと違います。

 

スカーフ(ヒジャーブ)を巻いているので素肌の見える範囲が限られるので、いつもの判断基準で判断できません。

 

しかもスカーフの色や柄や巻き方でムスリムファッションというものまであります。そんな流行雑誌がジョホールバルのショッピングモールの本屋あったのでびっくりしました。売れているようで平積みでしたよ。

 

日本との違いも考えますが、シンガポールとの違いも考えます。世界は多様なのです。日本での普通は普通じゃないなと思いました。シンガポールでも刺激があったのに、ジョホールバルではシンガポールとさらに違います。

 

ジョホールバル国境バス

発展することはいいことなのか、最新になることはいいことなのか、便利になることはいいことなのか考えました。一人旅なのでたっぷり時間はあるのです。どれがいいかはわかりませんが、健康を害したらいけないという結論にたどりつきました。

 

シンガポールでも肥満やストレスなどで健康を害している人たちが多くいます。ジョホールバルの健康状況はわかりませんが、マイペースな人が多い気がしました。

 

最新や便利が悪いわけではありません。ジョホールバルでも最新を追い求めきれいなファッションビルもありました。混沌最新と両方ありました。

 

こんな考える時間が旅の醍醐味だと思います。異国から異国への旅でさらに思考は回転し始めました。


ジョホールバルからシンガポールへ移動

ジョホールバル国境バス

ジョホールバルの旅を終えシンガポールへ来た道を戻りました。帰りもやはりバスでの国境越えはドキドキしました。人の波に着いて行きながらパスポートにハンコをもらい無事にシンガポールへ。

 

写真は国境越えのバスを待っているところです。

 

すぐに宿に帰る気がしなかったのでMRTに乗るまえに駅前の街を散歩しました。そこには夕方の家庭的な、のどかな風景がありました。オーチャードとは違う家族の風景です。

 

観光地や繁華街だけ見てシンガポールに来た気になっていましたが、これも立派なシンガポールです。八百屋で買物している主婦もいました。学校から帰っている小学生もいました。

 

いろんな異国の風景が見れて、いろんな新しい視点が増えて、いい日帰り一人旅でした。

 

関連ページ
ジョホールバル出発編
ジョホールバル街ブラ編



中国語単語無料メルマガ
多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

シンガポール旅行の準備
ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。

関連ページ

シンガポールからジョホールバルへの日帰り一人旅出発編
シンガポールからジョホールバルへ一人旅。今回は出発編を書いていきます。交通手段はどうするのかまずは調べるところから始まります。MRTで行けるのか、バスか、タクシーは高いのか。ジョホールバル日帰り旅行に行ってきた記録です。
シンガポールからジョホールバルへの日帰り一人旅街ブラ編
シンガポールからジョホールバルへの日帰り一人旅街ブラ編です。シンガポールの街とは全く変わりやっとアジアへ来た気がします。それほど混沌としています。街に出る前に通貨をマレーシアリンギット(RM)に両替するのをお忘れなく。