シンガポール一人旅でのおすすめの珈琲注文方法

MENU

シンガポールの一人旅でのおすすめのコーヒーショップ巡り

シンガポールのコーヒーショップ

シンガポールに行っても美味しいコーヒーを飲みたいですよね。

 

シンガポールにはスターバックスもマクドナルドもモスバーガーだってあります。繁華街のオーチャードにはこの三種類の店舗はたくさんあるし、MRT(地下鉄)の駅近くには、なにかしらのカフェがあります。

 

ここで日本と同じように、日本と同じコーヒーの味を楽しんでもよいのですが、せっかくだからシンガポールテイストのローカルコーヒーの注文方法を紹介します。ちょっと違う味ですが美味しいですよ。

 

一人旅なら連れを気にしなくていいのでぜひチャレンジしてください。


シンガポールのローカルコーヒーの注文方法

シンガポールのブラックコーヒー

シンガポールのローカルのコーヒーショップがどこにあるかと言えば、それはホーカーズにあります。フードコートです。どこのフードコートに行ってもほとんどありました。コーヒーカップに同じキャラクターが付いていたので、同じコーヒー豆を使っているんだと思います。味も入れ方もどこも同じでした。キャラクターはランニングシャツです。

 

普通に注文すると甘い甘いコーヒーが出てきます。前に並んでいるシンガポール人を見て「This one, please(同じものをちょうだい)」なんて言うとだいたい甘いんです。日本人ってブラックコーヒーを飲む人が多いですよね。特にコーヒー好きはだいたいブラックが好きな人が多いように思います。わたしもいつもブラック珈琲です。

 

では、どうやって注文したらいいんでしょうか。シンガポールの公用語は英語なので「Black Coffee」でもほとんどの場所で通じるのですが、メニュー表にはBlackの文字は見当たりません。こう言うといいんです。

 

 

コピオコソ!


コピはcopiでコーヒーの意味です。この言い方でブラックコーヒーが出てきます。


シンガポールのスターバックスとホーカーズのコーヒーの価格を比較

シンガポールのスターバックス

コピオコソと言ってコーヒーが出てきて、肝心な味はといえば、美味しいんです。どう表現したらいいか、グルメリポーターみたいに上手く言えませんが、濃いのにあっさりしているんです。(伝わりにくくてすみません。。。)

 

コーヒーカップを十分に温めているせいか、それだけでコーヒーの味が活きてきます。コーヒー豆と焙煎方法と挽き方がそれぞれ日本と違うから日本で飲む珈琲のクリアな感じはありませんが、南国には南国の美味しさがあるんだと思います。シンガポールにいるときはいつも飲んでいました。シンガポール人になりきって「コピオコソ!」と言うと一段と美味しくなりますよ。

 

さてさて気になる価格ですがこんな感じです。

 

スターバックスコーヒーのブラックコーヒー 5ドル前後
ホーカーズのコピオコソ(ブラックコーヒー) 1.2ドル前後

 

安いでしょ。ぜひホーカーズに言って「コピオコソ!」と言ってくださいね。



中国語単語無料メルマガ
多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

シンガポール旅行の準備
ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。

関連ページ

B級グルメ天国シンガポールのフードコートのススメ
シンガポールのフードコートは地元客が毎日行くB級グルメスポット。ホーカーズともフードセンターとも呼ばれています。マリーナベイサンズ、高島屋、チャイナタウンなど街角にあります。人気メニューはチキンライス。おすすめです。
クラブストリートのレストランバーで欧米人と週末飲もう
クラブストリートは欧米人が集うレストランバーがたくさんあります。タパス、インドシン、スピッツァなど。チャイナタウンからすぐですがイタリアンやおしゃれなカフェもあります。週末は路上も解放され「欧米か」とツッコミを入れたくなるほどです。
一人旅で栄養不足ならフードコートで野菜鍋を食べよう
一人旅をしていると栄養不足になりがち。カップヌードルやお菓子、そして揚げ物ばかり食べていませんか。そんな人へおすすめなのがフードコートで野菜をとること。シンガポールには野菜鍋があります。日本にもこのシステムあれば健康になるのに。
シンガポールのオーチャードのおいしいパン屋はionのbreadsociety
シンガポールのオーチャードにおいしいパン屋さんがあります。breasociety(ブレッドソサイアティ)といいます。ショッピングモールion(アイオン)の地下4階です。日本人シェフのこのパン屋はおいしいのに安いんですよ。
フルーツ天国シンガポールで食べたいおすすめの果物
日本でも高価な果物も南国シンガポールでは激安です。マンゴー、ランブータン、マンゴスチン、ランブータン、パパイヤなど。そしてドリアンも街中で売っています。まさにフルーツ天国です。おすすめはやっぱりマンゴーです。ドリアンにも挑戦してくださいね。
マクドナルドの店舗建築とメニューと価格シンガポール編
シンガポールにもマクドナルドがたくさんあります。日本とメニューも価格も違います。興味深いのは店舗設計。シンガポールならではの工夫がされています。ハローキティのキャンペーンのときはシンガポーリアンが殺到するのでご注意ください。
シンガポールチャイナタウンのおすすめの一人旅フードコート
シンガポールのチャイナタウンにはおすすめグルメのフードコートがあります。現地ではホーカーズといいます。一人旅でも気軽に格安に食べれて美味しいスポットです。深夜まで営業している店舗もあり便利です。夜でも日本と同じような治安でした。
シンガポールでおすすめのホーカーズのスイーツデザート
シンガポールのホーカーズでおすすめのスイーツデザートグルメ。安くておいしいローカルの人にも人気です。大きくわけるとホットデザートとコールドデザートがあります。中華系が多いシンガポールでは健康のためホットが人気です。
シンガポールの街角にはミスタービーンの豆乳スタンド
シンガポールに50店舗以上あるmr bean。豆乳ドリンクのお店です。歩いていると駅の近くやショッピングモールにミスタービーンがあります。わたしはホットのSoyaMilkをいつも飲んでいました。東京の渋谷にもショップがあります。
シンガポールのタイガービール工場見学ツアーの予約方法とお土産グッズ
シンガポールといえばタイガービール。工場見学ツアーもあります。見学したあとは45分間のビール飲放題付き。一人旅でもおすすめです。場所はシンガポールの西の端。お土産にはTシャツ、サンダル、ビールジョッキ、栓抜き、マグネットなどがあります。