シンガポールで欧米人と遊ぶならクラブストリート

MENU

シンガポールのクラブストリート(Club Street・客納街)

クラブストリート

シンガポールは中華系の人が70%以上います。見渡せば日本人と同じアジアな顔です。しかし、欧米人もいます。その比率は日本よりもたぶん高いはず。これはわたしの目測です。

 

欧米人がたくさんいるエリアがあります。場所を間違うと、日本人だらけだったり、大陸から来た中国人観光客だったり、インド人ばかりいたりというエリアもあります。みんな好きな場所は一緒なんですよね。

 

そんな中、もしも欧米の香りのするエリアをお探しなら、ここがオススメです。その名もクラブストリート(Club Street・客納街)

 

チャイナタウンの奥にあります。MRT(地下鉄)チャイナタウンを降りて、5分ほど行ったところです。チャイナタウンから道を一本入ったところです。道を一本入るだけで雰囲気が中華圏から欧米へと変化するのもシンガポールの楽しさです。


クラブストリートのレストランバー

チャイナタウンからクラブストリートに入るとカフェやレストランやバーやイタリアンがあります。タパス、インドシン、スピッツァなど飲食店もたくさんあります。週末の夜はここで欧米人たちが飲んだり踊ったり騒いだりしています。欧米人たちらしい楽しみ方です。もちろん日本人も行っていいんですよ。旅慣れた人、外国慣れした人は問題ないですね。そうじゃなくてもここでデビューしたらいいんです。

 

クラブストリート2

 

週末の夜の写真です。楽しそうでしょ。晴れていたら星空の下で路上にもテーブルを出しお酒を飲みます。シンガポールは常夏の国。赤道直下なのでもちろん冬はありません。年中こんな快適なビアガーデンのような外飲みができるんです。しかし、激しい雨(スコール)には注意が必要です。スコールもシンガポールらしさのひとつなので、そのときは店内で飲めばいいんです。

 

クラブストリート3

カフェやレストランで英会話を楽しむ

わたしは昼と夜、クラブストリートに両方行ったことがあります。昼はカフェに行きました。日本でいうおしゃれカフェです。価格も日本と似たような感じでブラックコーヒーが5ドル(約400円)でした。味はコーヒーなので普通に日本と同じく美味しかったです。フードコートのコーヒーは独特でシンガポールらしいのでこれはまた違う機会に記事に書きますね。

 

クラブストリート4

 

夜はレストランに行きました。シンガポールで働いている人と。おすすめの料理を選んでもらいシンガポール生活のことをいろいろ聞きました。1番大変に感じることは家賃だそうです。家賃が高くて大変だと言っていました。東京より高いんですって。英語はペラペラじゃないけど、やる気があったら何とかなるよとも言っていました。こんな会話もシンガポールに行ったおかげでできています。行動することは大切ですね。

 

ClubSt Singapore

 

クラブストリートはそんないろんな会話を楽しむ外国人で溢れています。行ったときはオーストラリア人が多くいました。英語なんてどうにかなるけど、少しは勉強しといた方がいいかもしれませんね。

 

 

本気で短期間で英語を学ぶならフィリピン短期留学も安くていいかもしれません。フィリピンで学んでシンガポールに行けばいいんです。フィリピンだったら格安で学べますよ。「フィリピン 留学」で検索したら出てくるはず。今どきはダウンロードで請求するんですよね。

 

そうだシンガポールへ行こう!
英語で楽しく会話。欧米人のいるクラブストリートへ。


中国語単語無料メルマガ
多言語国家シンガポール。その中には華人が70%います。シンガポールで通用する中国語単語を勉強する案内です。

シンガポール旅行の準備
ホテル予約、現地ツアー、野菜不足解消サプリなど旅行お役立ち情報。

関連ページ

B級グルメ天国シンガポールのフードコートのススメ
シンガポールのフードコートは地元客が毎日行くB級グルメスポット。ホーカーズともフードセンターとも呼ばれています。マリーナベイサンズ、高島屋、チャイナタウンなど街角にあります。人気メニューはチキンライス。おすすめです。
一人旅で栄養不足ならフードコートで野菜鍋を食べよう
一人旅をしていると栄養不足になりがち。カップヌードルやお菓子、そして揚げ物ばかり食べていませんか。そんな人へおすすめなのがフードコートで野菜をとること。シンガポールには野菜鍋があります。日本にもこのシステムあれば健康になるのに。
シンガポールのオーチャードのおいしいパン屋はionのbreadsociety
シンガポールのオーチャードにおいしいパン屋さんがあります。breasociety(ブレッドソサイアティ)といいます。ショッピングモールion(アイオン)の地下4階です。日本人シェフのこのパン屋はおいしいのに安いんですよ。
フルーツ天国シンガポールで食べたいおすすめの果物
日本でも高価な果物も南国シンガポールでは激安です。マンゴー、ランブータン、マンゴスチン、ランブータン、パパイヤなど。そしてドリアンも街中で売っています。まさにフルーツ天国です。おすすめはやっぱりマンゴーです。ドリアンにも挑戦してくださいね。
マクドナルドの店舗建築とメニューと価格シンガポール編
シンガポールにもマクドナルドがたくさんあります。日本とメニューも価格も違います。興味深いのは店舗設計。シンガポールならではの工夫がされています。ハローキティのキャンペーンのときはシンガポーリアンが殺到するのでご注意ください。
シンガポールチャイナタウンのおすすめの一人旅フードコート
シンガポールのチャイナタウンにはおすすめグルメのフードコートがあります。現地ではホーカーズといいます。一人旅でも気軽に格安に食べれて美味しいスポットです。深夜まで営業している店舗もあり便利です。夜でも日本と同じような治安でした。
シンガポールのコーヒーショップでブラックならコピオコソ
シンガポールに行っても美味しいコーヒーを飲みたいですよね。スターバックスもマクドナルドもモスバーガーだってあるんですが、せっかくだからシンガポールテイストのローカルコーヒーの注文方法を紹介します。ブラックなら「コピオコソ」と言えばOK。
シンガポールでおすすめのホーカーズのスイーツデザート
シンガポールのホーカーズでおすすめのスイーツデザートグルメ。安くておいしいローカルの人にも人気です。大きくわけるとホットデザートとコールドデザートがあります。中華系が多いシンガポールでは健康のためホットが人気です。
シンガポールの街角にはミスタービーンの豆乳スタンド
シンガポールに50店舗以上あるmr bean。豆乳ドリンクのお店です。歩いていると駅の近くやショッピングモールにミスタービーンがあります。わたしはホットのSoyaMilkをいつも飲んでいました。東京の渋谷にもショップがあります。
シンガポールのタイガービール工場見学ツアーの予約方法とお土産グッズ
シンガポールといえばタイガービール。工場見学ツアーもあります。見学したあとは45分間のビール飲放題付き。一人旅でもおすすめです。場所はシンガポールの西の端。お土産にはTシャツ、サンダル、ビールジョッキ、栓抜き、マグネットなどがあります。